Logicool Wireless Presenter R400でMacの音量調整をするための設定

コメントをどうぞ

Logicool Wireless Presenter R400(型番 R400t)をMacのKeynoteで使うための設定をメモとして残しておく。この記事を書いているときの環境は、OS X 10.9.3 Macbook Air。

まず、付属のレシーバーをUSBに挿す。
キーボードが認識できないというダイアログが出るので、「ANSI(米国その他)」を選ぶ。現状では、Mac用のドライバは公式から配布されていないが、デバイスは認識してくれる。

これだけで、Keynoteのページ進む、ページ戻るの機能は使えるので、シンプルなスライドであれば問題なく使える。私の場合、動画資料を多く使うため、音量の調整がしたいのだが、なかなか参考になる情報が見つからなかった。あれこれ考えた結果、R400のキーをMacの音量調整キーとして割り当てればいいだろうと思い至り、「KeyRemap4MacBook」というアプリを使うことにした。

KeyRemap4Macでのカスタム機能の設定のやり方は、KeyRemap4MacBookの「Misc&Uninstall」タブに「Open private.xml」というボタンがあるので、それをクリックし書き換える。

書き換えができたら、「Change Key」タブの中にある「ReloadXML」をクリックする。そうすると、private.xmlを読み込みなおしてくれて、書き換えたカスタムの設定を使えるようになる。以下のxmlのコードに書き換えた場合は、「R400t Volume Controll」という項目が一番上にあるはずなので、それにチェックを入れる。

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <devicevendordef>
    <vendorname>LOGITECH</vendorname>
    <vendorid>0x046d</vendorid>
  </devicevendordef>
 
  <deviceproductdef>
    <productname>R400T</productname>
    <productid>0xc538</productid>
  </deviceproductdef>
 
  <item>
    <name>R400t Volume Controll</name>
    <identifier>private.deviceproductdef</identifier>
    <device_only>DeviceVendor::LOGITECH, DeviceProduct::R400T</device_only>
    <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::DOT, ConsumerKeyCode::VOLUME_UP</autogen>
    <autogen>
		__KeyToKey__
			KeyCode::F5, 
			ConsumerKeyCode::VOLUME_DOWN
    </autogen>
    <autogen>
		__KeyToKey__
			KeyCode::ESCAPE, 
			ConsumerKeyCode::VOLUME_DOWN
    </autogen>
  </item>
</root>

上のカスタム設定のボタン配置は下記画像のようになっている。
r400lg455x500

音量調整以外の機能を割り当てたい場合は、以下のマニュアルを見てください。

KeyRemap4MacBookのマニュアル
https://pqrs.org/macosx/keyremap4macbook/document.html.ja

private.xml Reference Manual
https://pqrs.org/macosx/keyremap4macbook/xml.html.ja

大津城をCGで復元

コメントをどうぞ

参考資料として組んだ彦根城プラモデル(童友社)

今年の秋にかけて大津城を3DCGで復元するというプロジェクトがはじまる。
プロジェクトのメンバーは、僕と成安造形大学CG・アニメーションクラスの学生数人。

大津城は、滋賀県大津市にあったとされている。
大津城は関ヶ原の戦いの前後に存在していたが、関ヶ原の戦い以降、廃城となった。 膳所城や彦根城を作る際に解体された大津城の資材が使わているそうだ。現在、大津城があったとされているところには、一部石垣の残骸を残して何も残っていない。当時の資料もほとんど見つかっておらず、研究者の間でもわずかな痕跡から探っている状況なのだとか。

というわけで、大津城がどのような姿をしていたのか、具体的なことはわからないことだらけだが、なんとか形にしてみようということになった。

とりあえず、関連のあることについては勉強を始めた。日本のお城について無学なので様々な書物を集めて読み始めたところ。
お城の構造を感覚で理解するために、彦根城のプラモデルを組み立ててみたり…。
夏休みまでに、ある程度お城の構造について学び取りたい。

「コララインとボタンの魔女3D」を見てきた

コメントをどうぞ

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ジャイアント・ピーチ」などを手がけたストップモーションアニメ映画で有名なヘンリー・セリック監督作品の新作「コララインとボタンの魔女3D」を見てきた。

この作品にビビッときたのは、キャラクターの造形を見てだった。なんというか、今、自分が求めている造形の形がそこにあるような気がしたから! ちょっと情報を探ってみるとキャラクターデザインは日本人らしいということ知り、そのわけがわかった。日本のマンガやアニメのキャラクター造形に近いからだ。しかし、すごく目に馴染むデザインになっている。実際、本編を見て、それはさらに納得に変わった。表情がしっくりくるものだったのだ。このキャラクターにはこんな表情してほしいなという個人的な思いがそのまま形になっているような。日本のマンガ的表現が非常にうまく取り込まれているのだ。そして、また、パペットアニメとは到底思えない表情の豊かさ! なんと主人公コララインの顔モデルの数は20万を超えているのだそうで…。もう顔の管理だけでも相当大変だっただろう。普通は100個の顔モデルでも大変なレベルなので。ありえない…。顔の造形はCGで出力したのかなぁと推測しているけど、答えは知らない。ぜひ、メイキングビデオを見てみたい。

お話もよい出来でした。が、個人的には、この作品の魅力はやはり絵につきる。コマ撮りで撮影されたパペットたちと緻密に作られたセットの魅力。非常に美しく、かつ親しみの感じられる世界。

問題点としては、作品とは直接関係ないけど、立体映像のシステムについて。僕はメガネをかけているので、立体映像用のグラスをかけると非常にしんどい。鼻にメガネが押し付けられて痛くなってしまうのだ。なんか改善策を考えてほしい。

コララインとボタンの魔女3D 公式サイト http://coraline.gaga.ne.jp/

『コララインとボタンの魔女』メモ

コメントをどうぞ

非常に良さそうなので注目してます。ちょっと、メモ。

うーん、日本語吹き替え版しかやってないのか。二条の上映スケジュールがいまいちわからないけど、5日までなのか? やばい。見に行けないかもしれない…。滋賀の方に行くか。

映画『コララインとボタンの魔女』 http://coraline.gaga.ne.jp/

公開劇場

Physique適用後にBipedのポーズ変更

コメントをどうぞ

【メモ】Physiqueでエンベロープ設定を終わった後、Bipedのポーズを変更する方法
  1. Physiqueをフリーズ(電球アイコンOFF)
  2. Biped フィギアモード:ON
  3. Bipedを希望するポーズ・形状へ変更
  4. Physique 「ノードへのアタッチ」の横にある「再初期化」:ON
  5. 「スケルトンポーズの初期値」:ON
  6. 初期化

RenderMan教員版がタダに。

コメントをどうぞ

RenderMan教員版・学生版というのが発売されるそうですが、なんと教員版がタダだそうです。たしかに教える人がいなければ、学生版も売れないもんな。しかし、これはゲットするしかないなー。
http://indyzone.jp/catalog/products/pixar/index.html

IAMAS卒展いってきた

コメントをどうぞ

本日お昼前から自宅(山科)を出発。名神京都東ICから入り、大垣ICまで一気に走る。高速に乗る前にマクドナルドで期間限定商品のハワイアンバーガーを購入。それをツマミながら走る。しかし、ハンバーガーのチョイスは失敗でした。片手だと非常に食べにくい。今度からはやめとこう。

休憩なしで走ったので、大垣ICまで1時間半くらいで到着。

ソフトピアジャパンに到着。相変わらず2本の角がニョキっと出てますね。ここに事務所があった時代もありました…。

ソフトピアジャパン内の正面エスカレーターを上がるとIAMAS卒業制作展会場。やはりちょっと尖ったイメージの入り口になっております。真っ白な壁に大きなロゴ。成安もこういう入り口にできないですかね。京都市美術館をこういう風にするのはちょっと無理かな。

会場内。モニターやプロジェクションを多用しているので会場全体は暗くなっています。暗闇にスポットライトで照らされる作品たち。今回の会場は壁が多めに設置してありました。去年よりも出展者数が多く、壁を作らないとうまく配置できなかったようです。しかし、非常にうまく展示されています。展示に関しては、ここまでのクオリティで設営している美大・芸大はほとんどありません。学生たちで卒展実行委員を組織し、かなり長時間に渡って議論し組み立てられています。ほとんどがインスタレーションなのですが、平面作品や音の作品などもあり、異質な作品をうまく展示していたと思います。

個人的には、安田さんの作品が良かった。リアルタイムに生成されるCG映像とノイズ系の音のシンクロが気持ちイイ。ただ、1日に2回しか上映してなかったのと、展示場所が他と少し離れたところにあったせいで、気付かなかった人も多かったみたいです。知り合いで見てない人が数人いました。

上の写真などはiPhoneで撮影したものでかなり画質が悪くてすいません。

動画も撮りました。これもボケボケでなんだかよくわからないですが展示の雰囲気はわかるかな…。もし、まずかったら削除しますので、連絡ください。

Older Entries